美容室の価格はお店によって差がある?

美容室の価格には、借地代や光熱費、人件費、広告費などが含まれています。その価格に応じてスタイリングをしてくれますが、美容室の価格はお店によって差があることに気が付いたことはありませんか。その差は地域や人件費などによるもので、どうして差があるのかを知っておきましょう。

価格の差で一番大きいのは地域差

お店によって金額が異なるのは、借地代が一番の原因だといわれています。美容室の立地条件によって、固定費の家賃の金額が異なります。リーズナブルな金額のところもあれば、高いところもあるわけです。地域差は人件費にも表れており、固定費の人件費が安いところは技術料金にも還元できるところが特長です。

人件費にも差がある

美容室の価格には人件費も含まれています。人件費はお客様に関わる従業員の人数によって、金額に差が生じることもあります。お客様一人の頭にスタイリストやアシスタントが何人もついていれば、その人数分の人件費が料金に含まれてしまいます。従業員の数は、有名店なら技術力がいいお店だったら忙しくなり、就職希望者も集まるので従業員は増える傾向にあります。そのこともあって人件費が美容室の価格に関わってきます。

技術の差で価格が変わる?

価格の差に技術力はあるのかと言えばそうとは限りません。その差はあると思いますが、価格に比例しているとは言えません。技術には個人差があるので、安い美容室でも高い美容室でもそこまで影響しないでしょう。安い美容室でもその分人数をこなしていることもあるので、技術力があるという人もいます。

美容室の価格の差 まとめ

地域差が一番大きいと言われています。借地代は立地条件によって異なるので、その分価格に差が出ます。人件費によっても価格に差が出ます。技術による差はさほど影響がないといわれています。

関連する記事