新着情報

◆2016/07/24
なぜ月曜日に休みの美容室が多いのか?の情報を更新しました。
◆2016/07/22
美容室とセルフカラーの違いの情報を更新しました。
◆2016/07/22
美容室に行く時のマナーの情報を更新しました。
◆2016/07/19
会社説明を新規投稿しました。
◆2016/07/19
雨の日に美容室に行くと…の情報を更新しました。

なぜ月曜日に休みの美容室が多いのか?

ukyfkuf美容室や美容院を見てみると、月曜日に休みを取るお店を多く見かけます。全国的に見ても、月曜日を休みにするところは多いです。月曜日が休みになるのには、それなりの理由があります。美容室が月曜日を休みにする理由とは何でしょうか。

美容室が月曜日を休みにする理由は?

月曜日を定休日にしているところは多く、そのことが始まったのは第二次世界大戦前後からだといわれています。第二次世界大戦前後は、全国的に電力が不足していた時期でもあります。そのため、電力供給をストップする「休電日」という日が設定されました。美容室にはパーマを充てるための機械が置かれています。当時もその機械があり、パーマをかけるのには多くの電力を消費しました。当時のパーマは、髪に何十本も電極を付ける「電髪」がよく行われていました。
休電日にパーマをかけるのはできなかったので、休電日に合わせて定休日に設定するようになったのです。地域によって休電日は異なりましたが、全国的に月曜日に設定するところが多かったので、定休日が月曜日のところが多いといわれるようになったのです。さらに、働いている人々の休日が土日になることが多いので、この時はお客様が多く来店するため、月曜日を定休日にしたともいわれています。このほか、かつて月曜日を定休日にしていた百貨店に合わせたともいわれています。

月曜日が休みなのは今でも多い

美容室が月曜日を定休日にするきっかけは、昭和35年までさかのぼります。当時は過当競争を避けるために、都道府県ごとに組合が定休日をはじめ、料金や営業時間などを決めることになりました。組合が決めた定休日がこれまでと同じ月曜日だったことで、今でも月曜日を定休日にするところが多いです。しかし、公正取引委員会の指導により、現在は定休日を自由に決めてもいいようになっています。
定休日を自由に決めてもいいようになってからも、月曜日を定休日にするのは都道府県ごとに決めたころの名残だといわれています。長い間月曜日を定休日にしていたことから、講習会やヘアーショーなどが月曜日に行われることが多いそうです。

月曜日以外に休みにするところもある

定休日は第二次世界大戦前後の休電日に合わせたことが始まりでした。この休電日は全国的に月曜日が多かったですが、関東地方では火曜日にしていました。このこともあって、現在でも関東地方は火曜日を定休日にするお店が多く、その他の地域は月曜日が多いといわれています。最近では、駅ビルに入っている美容室や美容院ではビルのお休みに合わせていたり、年中無休にしたりしているといった事情もあります。それでも、定休日は月曜日(関東地方は火曜日)が多いといえます。

月曜日に休みの美容室が多い理由 まとめ

月曜日に定休日にしているところが多いのは、第二次世界大戦前後に設定されていた休電日に由来しています。髪に電極を付けるパーマが当時行われていたこともあって、休電日にパーマができないことが一番の理由だったといわれています。全国的に休電日を月曜日にしていたこともあり、その日を定休日にすることが多かったと考えられます。その後は都道府県ごとに定休日が設定されるも、月曜日を定休日にするところが多かったです。現在は定休日が自由に決められますが、今でも月曜日が多いです。関東地方では休電日が火曜日だったこともあり、火曜日を定休日にするところが多いです。ビル内にある美容室では、ビルのお休みに合わせて美容室も休みにするといったこともあります。
PRサイト:美容室・美容院はTAYA.NET